カレッジで学ぶ事例、そして文学を学ぶ事例について

わたくしは学生の端くれ、また文学部の大学生の端くれであった奴として文章を書こうと思います。わたくしは際立つ大学生ではなかったので、元来このようにさながらCEO奴のように出てきて手答えを陳ずるべきではないと思いますが、でも四時代制ユニバーシティというところで、そして文学部に在籍した奴として、何か書いてみることにしました。
「文学部なんぞ行って就職できるのか?」
「文学部なんて物好きなところに入ったよな」
「中でも英語関わりとか入ったらいいのに、学んだ英語が役に立ちそうじゃん」
「あなたは文学部に在籍とのことですが、正直言って文学を学んでも直接的に何かの役立つわけではありませんよね。なんで入学を切望されたのですか?」
以上の四つはわたくしがユニバーシティに入学して言われた言明です。
最初の手紙は父さんです。私の父さんは医学部に入学、そして医者として勤めています。子供の行く先を心配してくれたようです。
次の手紙は類の先輩に言われた言明です。その先輩は商学部でした。
三番目の手紙は、スペシャル学院で術を身につけ、功績した友人の言明です。
四つ目の手紙は、功績取り組み場合出会った会談官の言明です。
言明は違えど、内容の中身はおんなじところにあると思います。つまり、近頃学んでいることはこの先どうして役立つのかということです。わたくしはこういう四パーソンに問い掛けられるたびに、その応答を考えてきました。わたくしはなんで学んでいるのか、そして学んだことをどのように活かしていくのか、内面で考え、また周囲の周辺や伝授に聞いてみました。
自分の周辺は文学が好きで、ほかの学問以上に学んでみたいと思ったから専攻したのだそうです。文学は学院に来なくても読めるものですが、単なる読書することと、学問みたいに学ぶこととは違うのだとその人は思ったそうです。その人のコネクションがおかしいことを言っていて、「ユニバーシティは一種の遊びです」っていうそうです。利潤を払ったら色々なことができるけれど、その様々な選択の中からユニバーシティ進学を選ぶ、つまり利潤を払って学びを楽しんでいるのだとその人は言ったそうです。
自分の先輩は冗談めかして、「修了証書を貰うためだ」と言っていて、面白いなと思いました。先輩のことを周囲のパーソンはメチャクチャだというけれど、ある意味当てはまるのだとわたくしは思います。高いお金を出して(というより大半は両親から出してもらって)ユニバーシティ修了という認可を得ているんだと思います。
また違う先輩は、「経験をする業者だ」とおっしゃいました。ユニバーシティが集大成ではないけれど、取り敢えずユニバーシティでしか出会えないパーソンとスキンシップしたり、興味のあることを追及したり、類や有志法人に入って活動したりと、ユニバーシティには各種傾向が詰まっています。その先輩は在学中に出会ったパーソンと結婚する真意です。
伝授は「役立つことではなく、何がどうして役立つか解ることが大切だ」とおっしゃいました。熟知だけを詰め込んでも、それがどうして助かるのかわからなければ意味がないのだと思います。
最後に尊敬するコネクションの方がおっしゃったことは、「何を学んだかじゃなくて、何かに対してどのくらい真剣に向き合えたかじゃないかな?熟知というより、申し込む気勢とか柔軟性とか、者勢力感じが試されるんだとわたくしはおもうよ」ということです。
わたくしは以上の言明をもらってその都度考えました。まだまだ上手くは言えないだろうけれど、でもこのお尋ねに出会ってよかったです。ユニバーシティに行かせてもらえてよかったです。両親にサンキュー。次会ったら有難うと言おうと思います。おすすめの脱毛情報です